スタッフブログ

ホームスタッフブログ > レコルタン

ここから本文です。

レコルタン

2011.06.05

麺師も女将もワインがとっても好きだったりします。

勿論、そんなに高額なワインなどめったに飲めることなどありませんが・・・

もっぱら1,000円前後のワインを自宅で・・・蘊蓄など語らず・・・語れず?・・・ゆっくりと楽しんでおります。

時折、少々飲みすぎますが・・・。

ところで、先日、「神の雫」というワイン物の漫画にコラムとして掲載されていました。

シャンパーニュ・・・シャンパンですな・・・には、

「ネゴシアン物」「レコルタン物」があるそうで、

ネゴシアン物  自社畑の葡萄では足りずヨソからも買って作る生産者

           大手のイメージがあり、大規模・近代的・品質管理・生産管理という言葉を連想させる

           有名な生産者は大部分がこれ

レコルタン物   自社畑の葡萄だけで作る零細生産者

            父ちゃん社長・母ちゃん専務の零細企業

            小規模・家族経営・手造りがキーワード 

というコトだそうな。

で、この見分け方は超簡単で、ラベルの下にNM(ネゴシアン)、RM(レコルタン)の

表記がされているようです。

残念ながら私はシャンパンには縁が薄く・・・お高いから・・・ね・・・(泣)

もっぱらスパークリングやカヴァなどを愛飲しており、その表記はあまり見た事がないような・・・。

       (こちらは、過日先輩宅で頂いたカヴァですよ。)

ところで、勇製麺はもちろん「レコルタン」であるのですよ!

私たちの業界でも、世間で名前が聞こえていたり、スーパー・百貨店で商品を並べている業者さんは

ほぼ間違いなく「ネゴシアン」なのです。

そんなに大量に、大手の流通に乗せることが出来るほどたくさんの生産など不可能なのですよ。

そしてあるいは、企業化して大量に造ろうとしても、手間と時間のかかる仕事なので、

採算などがとれるハズがないのです。

家内工業でしか成り立たたない仕事であり、サラリーマン感覚で良い素麺などできることがありません。

ネゴシアンとレコルタン・・・どちらが良いのかは私にはわかりませんが・・・

どちらにせよプライドをもって仕事をしたいですね。

勇製麺は当社のホームページの会社情報の社長挨拶にも記しているように、

家内工業を誇りとし、自社生産・販売を厳守していくのです!ですのです!!です(^○^)

零細ですが誇りを持って製造・販売をしています。。

でもね、ネゴシアンなのにレコルタンとして営業していたり、ホームページに載せていたりする方は

私達の業界だけでなく・・・多く・・・おられますね。

そういった方の、とっても立派なパンフレットやホームページを見るにつけ・・・「へぇー・・・」と呟いたりします。

一目で判別のつくラベル表記がされれば良いのですが・・・。

2011年6月5日

三輪そうめん

勇製麺by(有)小西勇製麺所

【コメントする】

名前
電子メール
URL
コメント

前の記事 |  一覧へ戻る |  次の記事

月別アーカイブ

ページの先頭へ